FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Movable TypeのローカルWindows環境を作成してみた

MT5(Movable Type5)の使い方を少しかじってみようと思い。自分のノートPC(Windows7)にMT5の動作環境をセットアップしてみました。

環境としては、Windows7(x86_64)に「Apache」、「MySQL」、「ActivePerl」をインストールしてMT5環境を作ってみました。
対話式インストールウィザードを実行してダッシュボードにログインできるところまで動くことは先ほど確認できました。
Windows上にこの構成でセットアップする人はまれなのか、あまり情報がなかったのでアップしておきます。

----
■ActivePerlのダウンロードとインストール
 ①ActivePerlを以下からダウロード
  http://www.activestate.com/activeperl
  今回はWindows7(x86_64)で最新版をDL
  ActivePerl-5.14.2.1402-MSWin32-x64-295342.msi
 ②ActivePerlのインストール
  ダウンロードしたインストーラのウィルスチェックを実行し
  問題ないことを確認して、インストーラーを実行してインストール。
  すべてデフォルトでインストールした。
 ③perlが実行できるか確認
  コマンドプロンプト(Dos窓)を開き、以下のコマンドを実行して
  perlのバージョン情報が表示されることを確認。
  perl -v

■MySQLのダウンロードとインストール
 ①MySQLを以下からダウンロード
  http://www-jp.mysql.com/
  今回はWindows7(x86_64)で最新版(MySQL Community Server)をDL
  mysql-5.5.23-winx64.msi
 ②MySQLのインストール
  ダウンロードしたインストーラのウィルスチェックを実行し
  問題ないことを確認して、インストーラーを実行してインストール。
  文字コードはUTF-8でインスタンス作成
 ※再起動してMySQLが起動できていない問題を検出
  サービスの設定で遅延開始することで回避できた。

■Apacheのダウンロードとインストール
 ①Apacheを以下からダウンロード
  http://httpd.apache.org/
  今回はWindows7(x86_64)で最新版(OpenSSL版)をDL
  2.4がリリースされていたけど、Windows版は2.2が最新らしい
  httpd-2.2.22-win32-x86-openssl-0.9.8t.msi
 ②Apacheのインストール
  ダウンロードしたインストーラのウィルスチェックを実行し
  問題ないことを確認して、インストーラーを実行してインストール。
 ③起動確認
  Apacheを起動して、http://localhost/ にアクセスし、画面が表示される
  ことを確認

■MT5のダウンロード
 ①MT5を以下からダウンロード
  http://www.movabletype.jp/index.html
  最新版のMT5(オープンソース版)をDL
  MTOS-5.13-ja
 ②MT5の解凍
  ダウンロードしたMT5(zipファイル)をアーカイブソフト等で
  解凍する。

■MT5のインストール
 MT5ドキュメントのインストールの説明にあるディレクトリ構成を以下のように読み替える。
  ウェブサイトディレクトリ:Apacheのドキュメントルート(D:\..<省略>..\Apache2.2\htdocs)
  アプリケーションディレクトリ:Apacheのドキュメントルートにmtディレクトリを作成(D:\..<省略>..\Apache2.2\htdocs\mt)
  スタティックディレクトリ:Apacheのドキュメントルートにmt-staticディレクトリを作成(D:\..<省略>..\Apache2.2\htdocs\mt-static)
 ①スタティックディレクトリの作成
  ウェブサイトディレクトリにmt-staticというディレクトリを作成する。
  アプリケーションディレクトリにmtというディレクトリを作成する。
 ②ファイルの配置
  ・スタティックディレクトリにmt-static配下のファイルをコピー
   解凍したパッケージの内、mt-static ディレクトリのすべてのファイルをコピーする
  ・アプリケーションファイルのコピー
   解凍したパッケージの内のmt-static ディレクトリ以外の残りのファイルを、
   作成したアプリケーションディレクトリにコピーする。

■Apacheの設定変更
①httpd.confの修正
 このあたりを参考にして
 http://httpd.apache.org/docs/2.2/ja/howto/cgi.html
  ・以下を追加
   <Directory "D:/..<省略>../Apache2.2/htdocs/mt">
   Options +ExecCGI
   </Directory>
  ・以下を追加
  AddHandler cgi-script .cgi .pl

■perlのパスの解決
 ①シンボリックリンクを張る
  参考:http://pentan.info/server/windows/activeperl.html#appath
  シェルの1行目で/usr/bin/perlを実行するとなっているので、windows環境でも動作できるように
  perlのシンボリックリンクを張る。
  #!/usr/bin/perl -w
  ・管理者権限でコマンドプロンプトを実行
   →スタートメニューに cmd と入力して Ctrl+Shift+Enter
   mklink /d c:\usr c:\perl64

■必要なPerlモジュールのインストール方法 (Windows)
 Windows 環境では、ActivePerl の Perl Package Manager からインストールする。
 ・スタートメニューから、Perl Package Manager を実行します。
 ・データベース・インターフェイス等、Movable Type に必要なモジュールをインストールします。
 ・モジュールのインストールが終了したら、exit コマンドを実行して終了します。
 
 以下をインストール
 DBD-mysql
 Crypt::DSA(要らないかも)

■DB作成
 MySQLのコマンドラインクライアントを起動し以下を実行
 参考:http://www.movabletype.jp/documentation/mt5/database/mysql.html#database-mysql
 create database DB名 character set utf8;
 grant all on mt.* to ユーザ名@localhost identified by 'パスワード';

 ※DB名:MT5で使うDBの名前を指定
 ※ユーザ名:DBにアクセスするためのユーザIDを指定
 ※パスワード:ユーザIDに対応するパスワードを指定

■MT5の対話式インストールウィザードの実行
 参考:http://www.movabletype.jp/documentation/mt5/installation/mt-wizard.html
 ①インストールウィザードを実行する。
  ブラウザで以下URLにアクセスする
  http://localhost/mt/
  アクセスするとサインイン画面が表示される。
  その後はウィザードに沿って必要な情報を入力していくだけ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

romanesque

Author:romanesque
ソフトウェアの開発やら運用やらいろいろとやってきました。最近は世間で言うSE職とやらをやっています。

このブログでは、「気の向くまま」を基本コンセプトに思った事(仕事~趣味)を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。